夫婦生活の維持とは2

前回の続きです。

お互いを受け入れられないから、摩擦が生じる。

違う価値観を受け入れるということは、実は愛のパワーが関係している。

急に何を言い出すのかと思っただろうか笑

しかし、本当にお互いを思いやる気持ち”愛のパワー”が必要なのである。

違うものを受け入れるということは、抵抗があるものだ。

受け入れるにしても、「好きなものと嫌いなもののどちらかをより受け入れたいですか?」と聞かれた時、もちろん好きなものに決まっている。

人は自分が好きなものは割とすぐ受け入れられるのだ。

何が言いたいのかというと、違う価値観を今よりももっとすんなり抵抗なく受け入れるために、今よりももっと相手を好きになるのだ。

そうは言えども、相手を常に100%好きでいられ続ける訳じゃない。

むしろ、嫌い同士の夫婦の方が多いのかもしれない。

だからこそ、”愛のパワー”が必要なのだが、なかなか相手を好きになることすら受け入れられないこともあるだろう。

そういう時は次に話すことが重要になってくる。

夫婦関係というのは愛のゲージの貯め合いなのである。

愛のゲージの貯め合い?

人には愛のゲージがあるのだ。

それは、その人が愛で満たされていて幸せな気持ちになっているかどうかをみるゲージなのだ。

私には、そういう愛のゲージみたいなものが見えて今どのくらいの愛で満たされているかなどがわかる。

私だけじゃなく、みんなわかるはずだが、コツがわからないとなかなか感知できないかもしれない。

感知できなかったらできないでも全く問題ないのだ。

つまり、夫婦関係がうまくいくようになるのは、相手の愛のゲージを満たして幸福感をMAXにしてあげるのだ。

お互いにゲージMAX状態というのは、相手の価値観を最も受け入れやすいし、相手もいつもは拒絶していたことも自然な流れで軽く受け入れてくれる事もある。

夫婦生活において、価値観の受け入れだけが課題ではない。気を使うなどの気疲れももちろんある。

そのような、一般的な夫婦関係の摩擦も全て解決してくれるのだ。お互い幸せの”愛のゲージ”MAX状態というのは夫婦関係を続けていくのに必要なことなのである。

もちろん、お互い尊重し合い、既にゲージMAXのご夫婦もいるかと思う。

しかし、多くの夫婦はゲージがほぼ溜まってない状態だなぁと感じたので、愛のゲージを貯める方法を次の「夫婦生活の維持とは3」で書こうと思う。