夫婦生活の維持とは1

夫婦生活ってすごく難しい。

どんな夫婦でも何も問題がない家庭などないのではないでしょうか。

夫婦生活は価値観の違う人が同じ場所で住んで生計を共にするという、超高難度のクエストなのだ。

結婚は決してゴールインではなく、試練のスタートと言えるでしょう。

しかし、結婚という試練を乗り越えた先には大きくなった自分を見つけられると言える。

なぜ価値観が違うかというと、夫婦それぞれが小さいときは別々の家庭で育てられて、その家庭で起こることが、”世界の常識”であった訳で、その常識が社会に出ても、別の家庭でも通用すると思っているのだ。

しかし、現実はそうではなく色々な人の様々な”世界の常識”が入り乱れており、その他人の”世界の常識”を受け入れられなくて葛藤が起こるのだ。

うちの夫婦でももちろん色々な価値観のズレはあった。むしろ、真逆の価値観すぎて大丈夫?というレベルでした笑

・寝る時間の違い

・掃除のやり方の違い

・食事の量の違い

など、本当にたくさんあったのだ。

もちろんどの家庭も価値観のズレに悩まされていることだろう。

なぜ、価値観のズレに悩まされているかというと。

他人の価値観をなかなか受け入れられないからなのだ。

一方の常識に”遅く寝てはいけない”というものがあり、もう一方の常識に”遅く寝ても全く問題ない”というものがあった時、どちらかがもう一方を受け入れないと同じ生活は成立しなくなるのだ。

それをどちらかが、相手の過去と生き方を尊重し、受け入れられるかで結婚生活の先が見えてくるのだ。

次回の2へ続く。