ありがとうの意味

「ありがとうの意味」

ありがとうという言葉は言うだけで自分の波動が上がり、体調も良くなる。

何もありがとうと言うことなかったとしても、ただ言えば言うほど良い言葉だ。

しかし、意味をもっと理解して言うともっともっと自分の波動が上がり生きていることへの深みが増すのだ。

今朝はしらすご飯を食べたのだ。

しらすご飯が食卓に届くまで思いを馳せたことはあるだろうか。

漁師の方が寒い中、朝早くから起きて、漁の準備から始めて、漁に出てしらすを獲るのだ。

それから市場に持って行って、

仕入れの人が買いに来て、

それから売り場に運んで、

スーパーかどこかの売り場に着いたら、しらすを適量で分けてパックする人がいて、値段を決めて、棚に陳列、

それから私たちが買ってご飯に乗せて初めて食べられる。

一見、簡単にお手頃にできる料理かもしれないが、そこには多くの人の働きあってこそなのだ。

もっと違う視点で見ると、

しらすさんも他の魚に食べられない様に頑張って稚魚から大人になるのだ。

(今は養殖なのか…)

そのしらすさんの命を頂いていることへの感謝。

もう、パックに残った1、2匹のしらすさんの命を「細かくてめんどくさいから捨てちゃえ」なんて言って捨てられないだろう。

他の視点で見ると、しらすを食べて生きている他の魚を差し置いて私たちが食べているのだ。

他の魚も食べたかったのにそれを差し置いて私たちが食べているのだ

もう、しらすさんではなく、しらす様とか言わないとダメかもしれないな。

むしろ、しらす殿と言って土下座しても良いくらい貴重なものを私たちは何気なく頂いているのだ。

しらすをかけて食べるという表面的なものだけしか見ないのではなく、見えないところを知ろうとする努力は、どの世界で生きるにしても大いに必要なことなのだ。

それを踏まえて、

「いただきます」

「ありがとう」

と言ったのなら、その言葉に深みが増すのは必至だろう。

そうやって深みを込めて言葉を出す人間は、深みのある思慮深い人間へ成っていくのだ。

物事を多方面から考え、何事にも感謝を奥の奥からして、相手のことを考える人間には、多くの人が惹かれ集まってくるのだ。

ビジネスをやるにしても、何をやるにしてもそれが人間として基本的なことなのだ。

これを学ぶことが人間として今ここに生きることの醍醐味と言ってもが過言ではない。

しらすご飯様でこんなに語れると思ってなかった笑

投稿2枚目の手書きツイートは言い事言ってる様ですが、既に漢字を間違うというミスをしておりますw