諦める事

S__6471688

生きていて辛い事があると言うのは誰しも感じた事があるだろう。

それはどのような場合か?

大抵の場合、人生が思うようにいかない時ではないだろうか。

私も、人生が思い通りに行かず苦しむ事がよくあったのだ。

子育てと家事が忙しくてなかなか仕事の時間を取れない、仕事が思うように進まない。

人間関係においてうまくいかない。

大抵、人生が辛いなと思う時は人生が思い通りに行かない時だ。

ゲームやビデオ鑑賞などの娯楽にのめり込んで、毎日何時間も時間を浪費してしまう。

何か辛い事があっても、とりあえず諦めてみてはどうだろうか。

仕事を思い通りに進まない事を諦める。

娯楽にのめり込んじゃってる自分を許す。

どうしても許せない、諦められないというのであれば、諦められないということを諦める。

全部が全部、起きていることはマル!全て味方なのだ。

とにかく、あなたはそのままで良いのだ。

人生を劇的に変える事を諦めること。

現状に不満で、人生何か変えたいとしてもとりあえず今を許して諦める事。

とにかく諦めて許して、今のままで幸せという心を得るのだ。

実は、これはそんなに簡単なことじゃない。

小さな頃から、こう生きなさい、あぁ行きなさいとあたかもそれが正しい人生かのように親や周りの人に植えつけられた思考はなかなか変えられないものだ。

他人に対して何か憎しみがあるのであれば、無条件で許すこと。

他人を憎むということは、自分を憎んでいると同じことなのだ。

人生が辛くて不幸せだと感じている人は誰しも、自分自身の思考で生み出して自分自身を苦しめているのだ。

その思考は、一つの不安を消し去ったとしても、そのような思考グセが付いているので次の不安がやって来るのだ。

不安というのは自らが生み出しているとも知らずに。

 

次回以降、書く予定の記事

・慈悲の心は世界が広がる

・過去と未来は妄想

・表情と他人に見せる明るさ

・他人を憎むことは自分を憎んでいるということ